2013-12-27

late X'mas

我が家には、サンタクロースは少々遅れてやってきました。
前々から、娘とケーキは何にしようかと話し合い。。
結局私と一緒に、ブッシュ・ド・ノエルを作りたい!ということになりました。


初めて作るブッシュ・ド・ノエル、何とか形になりました。
上に枝をくっつけて、飾りつけをしたら不思議と切りかぶっぽくなりました。
ココア生地+生クリーム も娘の希望通り。

ちょうど動物のクッキーがあると思いつき、パパと娘で動物の飾りを担当してもらいました。
知らない間に、一匹トトロになっていましたが。。

ゆっくり休みたい気分ながら、結局一日クリスマスの準備でした。。
喜んでもらえたようで、良かった良かった。




2013-12-10

order made "cube pendants ID: 5131210"


4つのペンダントトップを組み合わせると立方体になる!
パズルのようなコンセプトのペンダントが完成しました。
こちらは、仲良し4兄弟の男性からのオーダーでお作りしました。


ご長男のご結婚を機会に、
「兄弟でひとつに組み合わせられるペンダントを」というご希望でした。
素敵なお写真ですね。おめでとうございます!


式で初めて皆様の手に渡り..
お喜びいただけたとのこと、とてもありがたいです。

とっても素敵なお話に協力させていただけて、楽しかったです。
実は制作に少々骨を折りましたが、「報われたね。」と和稔もほっとしておりました。


ひとつひとつはこんな感じ。
4つのパーツは、もちろん違う形です。



2013-12-09

initial cards



イニシャルチャームに沿えるカードです。
植物の図案は、チャームに彫るために私が描いたものです。
ジャスミンの葉はビリジアンぽいかな、これは深めのグリーン。。と
植物を思い浮かべて色塗り中。
ミモザはふわふわな様子を図案にするのが難しかったけど、きれいにできて良かったー
雪の中でさくスノードロップってかわいいなー
どの植物も、香りが良いものや春を告げるものなど。。
好きなのばかりなので楽しくなってきます。
今の時期に重なるのは、りんごくらいでしょうか。
この後冬が過ぎるころ、スノードロップやミモザが春を告げますね。
いつの日か、自分の家にお庭があったら、
良い香りのハニーサックルやジャスミンを植えたいな。
春が来たら、近くのローズガーデンに散歩に行くのが楽しみです。

2013-11-24

order made "Pearl&chain earrings ID:5131124"


パール一粒のイヤリングをお預かりし、K18YG製ピアスにプチリフォームいたしました。
一粒でもフォーマルに使用できるように。

さらに気分に合わせて着せ替えができるようにというご希望で、

取り外し可能なチャームをお作りしました。
こちらはハートが揺れるデザインです。



落着いたカラーで組み合わせた、ナチュラルストーンバージョンもお作りしました。
ストーンは、お任せです。
楽しんでお使いいただけそうで幸いです。



2013-11-17

"K18 Opal ring ID: 5131015" process

オパールを使用したリングの制作工程をご紹介します。
長めのドロップ型オパール、気に入って以前にGETしておいたものです。










できましたできました。
ひとつひとつの作業に手間と時間がかかりますが、
工程を順に見るとシンプルに見えるものですね。
こちらは、私の誕生日プレゼントとして作ってもらったものですが、
オリジナルアイテムとして、こんなイメージのリングをご紹介できたらと思います。






2013-10-10

order made "Square diamond ring ID:5131010"



スクエアカットのダイアモンドを使用したシンプルなリングが完成しました。


↑こちらが、お預かりしたプラチナ製リング。リフォーム前です。
ダイアモンドの黄色がかったカラーを気にされておりました。

またカジュアルにつけやすいシンプルなデザインをというご依頼です。


ダイアのカラーを目立たなくするため、素材はイエローゴールドにしました。
トップにかけてリング腕に高さを出し、ストーンの高さを自然にカバーするデザインです。


「ダイアが大きく見えるねー!
黄色い印象だったダイアだけど、分からなくなったね。
イエローゴールドにして正解!」とお喜びいただけました。







2013-08-13

order made "topaz brooch"


「母から譲りうけたものです。」とお持ちいただいたトパーズのリング。
ペンダントにリフォームをというご相談を承りました。

ストーンのボリュームがあるため、どうしても高さがでてしまいます。
そこで、いくつかのストーンを組み合わせて面積を出し、
高さが気にならないようにするのも面白いかとご提案差し上げました。
お打合せと、デザイン・ストーン配置のご提案を経てストーンの配置が決まりました。
アイテムは、ブローチに決定しました。



制作開始です。
まずはひとつひとつのストーンに合わせた枠を制作。


デザイン画の通りに配置してくっつけます。


 カラフルで楽しいブローチに仕上がりました。
大き目のトパーズを囲むように、
ペリドット、スモーキークウォーツ、ガーネット、アメシスト、ブルートパーズといった配置です。


アーチ状の部分は、ブローチが斜めになるのを軽減するようにと取り付けました。


金具は18金。鉄砲式というものです。

こちらもご依頼主さまからのお言葉を少しご紹介させていただきます。
「箱を開けた瞬間わぁっと声がもれました。
色石が集まってとても綺麗、華やかです。

枠裏のU字の支えも、工夫されていることに喜びを感じます。
たくさんの色石配置例からこちらのタイプを選んで良かったと
思います。嬉しいです。

カラフルなのでいろいろ合わせる幅が広がり◎です。」

お気に召していただき、感激しております。
できる限りを尽くしてようやく完成しましたが、
(大げさなようですが事実です。。)
お客様の温かいお言葉に本当に涙が出そうになる私たちでした。







2013-07-20

order made "turquoise ring"


オーダーメイドのプラチナリング。
ヘビモチーフのリングをお持ちで、そちらと合わせて誕生石のリングを
着けると幸運がもたらされるということで、
誕生石(ターコイズ)のリングをお作りしました。


ストーンは小さ目がご希望ということで、4mmのスクエアカットを使用しました。

ひし形の向きでスマートな印象に。


リングにテクスチャーを施しクラフト感を与えました。
シンプルで大人っぽいリングに仕上がりました。
ご依頼主さまには、「とても幸せな気分です」とのお言葉をいただきました。



2013-07-01

order made "Sapphire necklace ID:5130701"


リングから取り外したサファイアをお持ちいただき、ペンダント制作のご相談を承りました。
ストーンのサイズは約5mmΦで、存在感があります。
お嬢様へのプレゼントにされるということで、お好みを考えシンプルな一粒のデザインに。
繊細なミルグレインでセッティングすることになりました。


深いブルーが美しいストーン。
プラチナの冷たいカラーと、とても美しいコンビネーションです。

「ずっと持っていたものがとても素敵なペンダントになって嬉しいわ!
娘の誕生日までの間、私がつかっちゃおうかしら?」
とお喜びいただけました。




2013-06-17

order made "Ruby ring 制作工程"

長い手足の昆虫みたい。
複雑なことになっています。

背景に写っているスケッチが完成予定図。



制作者本人いわく
「上手な人はこんなに線を立てないからちょっと恥ずかしいよ」とのことですが。。
無事に、お花のようなデザインの石枠ができてきました。



この後ルビーやダイアモンドをセッティングし、仕上げをします。


華やかで可憐なプラチナ製のリングが完成しました。
センターには、お預かりしたリングから取り外したダイアモンドをセッティング。


花弁の間の小さなダイアモンドがデザインに繊細さと輝きをプラスします。
大切な方から譲り受けたジュエリーだったそうです。
デザインに時代が現れてしまい、着けにくかったものが
今回のリフォームでご自分好みに生まれ変わり
「普段から着けられそうで嬉しいわ!」とお喜びいただけました。



2013-06-08

order made "友人のマリッジリング"


以前エンゲージリングをお作りし、無事にご結婚が決まったお二人
(中川くん&私の友人のHちゃん)のマリッジリングのお話です。。
旦那様のご両親から贈られたマリッジリングのリフォームをご相談いただきました。
マリッジリングを受け継ぐというのは、あまり一般的ではないかもしれませんが、
ぜひリングを活かしながら、自分たちのリングにしたいというご希望でした。


リング内側にはご両親の刻印が彫ってあり、
ご自分たちの刻印を入れるスペースがたりないというお悩みと厚みが少し減っていたので、
リングの内側にゴールドで薄いリングを作り貼りつけるというデザインをご提案しました。


完成品には厚みが出たことで柔らかな印象になり、
またゴールドとプラチナのカラーもさりげなく面白みがあります。
新たに刻印をお入れし、「付け心地が良く、きれいになった」と喜んで頂けました。
旦那様のお母様にも「みんなの思いがリングを通じてひとつになったと思っています。
そして主人と私はいつまでも二人をリングを通じて見守れるうれしさでいっぱいです。」
とのありがたいお言葉をいただきました。


重ねられたお二人の手。温かい気持ちなります。
お二人の手は、ものづくりをする人の手です。
旦那様(中川くん)は、ギターなどの楽器を作る人、
友人のHちゃんは、木版画家です。
お二人とも「木」に関するお仕事なので、
結婚式は和歌山の木の神様を祭った神社で行われました。



とっても楽しそう!いつまでもお幸せに~!


2013-06-01

order made "友人のエンゲージリング"



私の友人Hちゃんの彼から、
本人には内緒でエンゲージリングのご相談をいただきました。

デザインやコンセプトの相談の結果
お二人が一緒に登山をした思い出の山で石を採取し、テクスチャーをつけることに。
なんと、リング作りは彼と私たちで一緒に楽しく登山をすることから始まりました。


登山初心者の私たちは、山に慣れている彼に案内されてついていきました。
はじめは良い天気でしたが、山頂近くになると急に寒くなり季節が一転したようで
雪の中を「早くここを通り過ぎたい」と無言で歩いたり。。



よさそうな石をゲットして無事テクスチャーがつきました。


「切れ目がなく永遠に続きますように」と願いを込めて、
1本のつながった線を巻きつけて作ってあります。
ストーンは、Hちゃんが周りの人たちに囲まれて存在しているというイメージで配置。


プロポーズは山の上でされたとか。(ばらしてすみません。。)
ロマンチックですね!
みんなの思いが詰まったリング、制作できて楽しかったです。